大阪市の生活保護受給者、初めて14万人突破

大阪市生活保護受給者が初めて14万人を突破した。市によると、3月末現在で14万946人。リーマン・ショック後の2008年10月(11万7502人)から増え始め、09年2月に12万人、8月に13万人を突破していた。

 大阪市生活保護受給者は全国の市町村で最多。申請件数は1年前から月3千件前後で推移し、受給者は月1千人を超すペースで増加している。市の担当者は「市の貧困ビジネス対策などでペースは鈍ってきたが、増加傾向はしばらく続きそうだ」と話す。平松邦夫市長は記者会見で「受給者数を減少に転じさせる国の施策が足りない。貧困ビジネスを排除するため周辺自治体とも連携していく」と述べた。


asahi.comより


リーマンショックってわかるんですが、
いったいいつまで引きずるのでしょうかね。

生意気言わせていただくなら、
何でもかんでも、リーマンショックが尾を引いてるといった解釈は、
いかがなものかと思います。

それと貧困ビジネスって本当にいやな響きですね。

社会的に弱い立場の人々を騙して、利益を得るビジネスなんて
最低ですよね。ビジネスと呼ぶことに対しても
強い嫌悪感をおぼえます。

ほんと、嫌な世の中になったものです・・・・・。


【ニュース読破.comの最新記事】
posted by マンガコミック at 23:20 | ニュース読破.com | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。